1924年からもう90年も科学の興味の入口になっています

子どもの科学は物を作るきっかけになります

自分が子どものころに目にしていた本が今でもなお続いている事を付加して考えると良いでしょう。 この雑誌が日本だけでなく世界に与えてきた実績は計り知れないように思われます。 小学校高学年から科学に触れるきっかけや、何かを作る事を面白いと思える大切なはじめの一歩になります。 これは過去にノーベル賞を受賞している南部先生も、幼少時代に子どもの科学を愛読していたそうです。 最終的にきっとこの、きっかけは子どもがみつけるだけでなく、これは親が与える事も一つの経験としての成長の一つの欠かせないパターンとしてできます。

子どもの興味や関心を科学へ向ける事

スポーツだけでなく科学にも興味があるかもしれません

幼い子どもの可能性は無限大で、塾や学校で教えることだけが全てではありませんので、これは現場では実際には、あまり学校の勉強には興味がない子でもです。 これは科学には関心を持つ可能性は十分にあります。 今はそれぐらい若い小学生や中学生の男には科学というものは簡単ではありません。 その反面で魅力的なことが、比較的多いのです。 これが現状では学校では絶対に教えてもらえないような知識や情報を得ることです。 こういった子どもの可能性を含めてこうしてサイエンスで科学でできます。

このページの先頭へ